入国管理局への申請 Types of Application for Immigration

外国人が日本に滞在するための在留資格の許可や変更・更新などは、入国管理局へ申請書を提出し、手続きを行います。申請内容によって手続き・申請書等が異なります。

入国管理局には管轄がありますので、申請者の住所地等に応じた管轄の入国管理局へ申請します。

本ページでは、入国管理局への申請について掲載しています。

  1. 入国管理局の管轄
  2. 入国管理局での申請の種類

【1】入国管理局の管轄

入国管理局には管轄があり、以下の1、2に従って申請します。Immigration Bureau has their jurisdictional areas. These 1, 2 below shows where to apply.

  1. 在留資格認定証明書交付申請の場合 The case of application for Certificate of Eligibility:
    原則として申請者の受け入れ機関の所在地もしくは親族の住所地を管轄する地方局または支局。In principle, applicant may file applications at regional immigration bureau or district immigration office in charge of the address of his/her employer (application agent) or relatives in Japan.
  2. 上の1以外の申請の場合 Other than 1 above:
    原則として申請者(外国人)の住所地を管轄する地方局または支局等。In principle, applicant may file applications at regional immigration bureau, district immigration office or branch office in charge of the his/her address in Japan.

管轄の詳細については、入国管理局ウェブサイト:管轄又は分担区域一覧にてご確認下さい。Check out the jurisdictional area of your case by List of Jurisdictional Area on Immigration Bureau webpage.

弊所では大阪入国管理局(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県、和歌山県)の管轄を主に取り扱っております。

Our Service areas:
Jurisdictional Areas of Osaka Regional Immigration Bureau (Osaka Immigration Office): Osaka, Hyogo, Kyoto, Nara, Shiga, Wakayama).

【2】入国管理局での申請の種類 Types of Application at the Immigration Office

入国管理局では、以下の申請を取り扱っています。
リンクより各ページで詳細をご確認下さい。

  1. 在留資格認定証明書交付申請(COE)
  2. 在留資格変更許可申請
  3. 在留期間更新許可申請
  4. 再入国許可・みなし再入国許可
  5. 永住許可申請
  6. 就労資格証明書
  7. 資格外活動許可申請
  8. 在留資格取得許可申請

申請書への添付資料は、在留資格の種類によって異なります。特に認定申請(COE)、変更申請、永住許可申請については、添付書類は申請者ごとに異なり、どういった書類を揃えるかが非常に重要な役割を果たします。

添付書類によって、要件を満たしているのに不許可になる・・・ということもあります。弊所では、案件に応じて、どういった添付書類が必要かひとつひとつ吟味します。まずはご相談下さい。

eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ