資格外活動許可申請

Permission to Engage in Activity Other Than That Permitted Under The Status of Residence Previously Granted

資格外活動許可は、現在の在留資格の範囲外の内容で報酬をうける活動を行う場合に必要です。就労することができない在留資格である留学生・家族滞在等の場合でも、この許可をとっていると、限られた範囲でパートやアルバイトをすることが可能です。また、就労できる在留資格をもつ外国人もこの許可をとって資格外の活動で報酬を得ることは可能ですが、活動できる範囲は限定され、在留資格により異なります。

ただし、永住者や定住者、日本人または永住者の配偶者の在留資格は活動に制限がなく、どういった仕事にも就くこともできますので、この許可をとる必要はありません。

この許可のもとでは風俗営業にあたる業務は禁止されていますので、キャバクラ・スナック、パチンコ・スロット店や、風俗特殊営業などの活動を行うことはできません。

この許可を申請すると、左写真にある資格外活動許可書が発行されます。アルバイトやパート先での勤務中はいつも携帯しておく必要があります。

例えば以下の場合に、資格外活動の許可が必要です。

  • 大学への正規留学生が週28時間以内のアルバイトをする。
  • 人文知識・国際業務の在留資格で日本企業に勤めている外国人が、勤務先以外で(勤務に支障がない範囲内で)通訳や翻訳などの業務をして報酬を得る。

 

留学生・家族滞在で資格外活動ができる範囲

  • 風俗営業以外の業務のパート・アルバイトを行うことができます。
  • 勤務先を特定する必要がないので、申請には活動の内容を明らかにする書類は必要ありません。(一度この許可をとれば、その後パート・アルバイト先を変更することができます。再度資格外活動許可を取りなおす必要はありません。)
  • 留学生の場合には、原則本人ではなく所属する学校の職員が申請取次にて申請し、学校が発行する副申書を提出しなければなりません。
  • 就労できる時間は以下のとおりです。
  就労可能時間
留学生 28時間/週 (長期休暇中は8時間/日)
家族滞在 28時間/週

上記以外の在留資格(永住者・定住者・配偶者を除く)で資格外活動ができる範囲

  • 風俗営業は禁止されています。
  • 勤務先と就労時間が限定され、申請書にも記載する必要があります。
  • 就労できる時間も活動内容により限定されます。

【1】申請に必要な書類

  • 申請書 1通
  • 資格外活動の内容を明らかにする書類 1通
    (留学生・家族滞在の場合は必要なし)
  • パスポートおよび在留カードの提示

【2】許可までの期間

入国管理局へ申請してから審査が完了するまで2週間~2ヶ月かかります。

【4】申請にかかる費用

入国管理局に支払う申請手数料は無料です。
申請手続きを専門家に依頼する場合は、別途専門家への手数料がかかります。

(平成24年7月修正)

eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ