入管やビザに関する情報

外国人登録証明書の有効期限について

2012年7月9日から外国人登録制度は廃止され、新しい在留管理制度が導入されました。それにともない、日本に中長期滞在する外国人には、在留資格申請・変更等が許可された際に、入国管理局にて在留カードが交付されています。 次の…

In: 入管やビザに関する情報

「高度人材に対する優遇制度」のページを追加しました。

高度な資質・能力を有すると認められる高度人材外国人に対しての出入国管理上の優遇措置について、「高度人材に対する優遇制度」のページを追加しました。 入国管理局ウェブサイトでのFAQには「高度人材に関する在留手続き(在留期間…

In: 入管やビザに関する情報

入国管理局電子届出システムがスタートしました

平成25年6月24日、日本に滞在する外国人のうち中長期在留者(※)および中長期在留者を受け入れている所属機関が、インターネットを利用して各種届出を行えるシステムがスタートしました。 The Immigration Bur…

In: 入管やビザに関する情報

「脱退一時金について」のページを追加しました

日本滞在時に入らなければならなかった国民年金や厚生年金。 これらは帰国したら「脱退一時金」を申請すると、支払った保険料が年金加入期間と一定の率で算出した分は払い戻しを受けることができます。 この「脱退一時金」の制度につい…

In: 入管やビザに関する情報

大阪入国管理局におけるダイヤルインのお知らせ(H25.1.4)

平成25年1月4日より、大阪入国管理局への電話での連絡・問い合わせは、ダイヤルインにて各担当部署に直接繋がるようになったようです。 入国管理局ウェブサイト: 大阪入国管理局におけるダイヤルインのお知らせ(平成25年1月4…

In: 入管やビザに関する情報

配偶者の身分を有する者としての活動を行わないことに正当な理由がある場合等在留資格の取消しを行わない具体例について

日本人、永住者または特別永住者の配偶者として「日本人の配偶者等」または「永住者の配偶者等」の在留資格で日本に滞在する外国人の方については、配偶者でなくなった後も継続して6ヶ月以上日本に在留している場合、「正当な理由」がな…

In: 入管やビザに関する情報

外国人登録証明書はすぐに在留カードに切り替える必要はありますか?

平成24年7月9日より外国人登録制度が廃止されましたが、現在持っている外国人登録証明書を今すぐ在留カードに切り替える必要はありません(ただし、希望する方は地方入国管理官署で切り替えることが可能です)。 以下の期間、外国人…

In: 入管やビザに関する情報

自動化ゲートをご利用の外国人の方へ:みなし再入国許可に対応した再登録を For foreign nationals who registered Automated Gates without special re-entry permit

長期間日本に滞在している外国人の方で、成田空港、羽田空港、中部空港、関西空港から日本を出入国される方は、自動化ゲートを利用することができます。自動化ゲートを利用すると、スピーディな日本での出入国が可能です。利用には登録が…

In: 入管やビザに関する情報

「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」から「定住者」への在留資格変更許可が認められた事例及び認められなかった事例について

日本人、永住者または特別永住者の配偶者として、「日本人の配偶者等」または「永住者の配偶者等」の在留資格で日本に滞在する外国人が、離婚や死別等で配偶者でなくなった事実が発生してから6ヶ月以上経っても何の手続きも行わなかった…

In: 入管やビザに関する情報

在留カードおよび特別永住者証明書の氏名表記について

新しい在留管理制度で、「在留カード」と「特別永住者証明書」の運用が始まりましたが、そららに記載する氏名の表記について、入国管理局より案内されています。 入国管理局ウェブサイト:在留カードおよび特別永住者証明書の氏名表記に…

In: 入管やビザに関する情報