お知らせ・最新情報

新型コロナウイルス感染症に関する影響に伴う在留資格認定証明書の有効期間について

2020年3月10日付にて、出入国管理庁より在留資格認定証明書の有効期限について、通常は3ヶ月であるところ、当面の間6ヶ月間とするとのお知らせがありました。

なお、交付後3ヶ月以上を経過した認定証明書を使用して、在外公館(日本大使館および領事館)にて入国ビザを申請する場合には、受入機関などが発行した「引き続き、認定申請時の活動内容どおりの受入れが可能である」ということを記載した文書を添付してください。

法務省ウェブサイト
>> 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に伴う在留資格認定証明書の有効期間について(PDF)

在留管理関連の新たな情報が公開される可能性があります。
以下の法務省ウェブサイトにてご確認いただけます。
>> 法務省ウェブサイト:新型コロナウイルス感染症に関する情報

【お願い! NOTE】

弊所の主な対象地域:
大阪出入国管理局の管轄内(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県)

手続きに関するお問い合わせ・お見積りは、お問い合わせフォームから送信ください。お電話でのお問い合わせへの回答・お見積りは行っておりません。

お問い合わせへの回答には、在留資格・ビザを取得したい方の状況等詳細をお聞かせいただく必要があります。現状の詳細と、日本のどの地域でどういった活動を行うのかをお問い合わせフォームに記入し、送信下さい。

We don't accept any inquiry through phone and skype. Please contact us through Inquiry Form to get proper advice and information for your case. Thank you for your understanding.

For more information in English, jump to our English website >> https://eng.visa-immi.com/

eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ