お知らせ・最新情報

【更新】新型コロナウイルス感染症に関する影響に伴う在留資格認定証明書の有効期間について

2020年6月26日付にて、出入国管理庁より在留資格認定証明書の有効期限について、以下の取扱いとなっております。

【在留資格認定証明書が交付された方】
2019年10月1日~2021年1月29日の期間に作成された在留資格認定証明書(Certificate of Eligibility/COE)については、以下の期間のうちいずれか早い日まで有効とみなします。

  • 入国制限措置が解除された日から6ヶ月
  • 2021年4月30日

以下の出入国在留管理庁ウェブサイト上のPDFでもご確認いただけます。
>> 在留資格認定証明書の有効期間について(PDF)
>> 在留資格認定証明書の有効期限が経過した方(PDF)

なお、在外公館での査証(入国ビザ)発給申請時、受入機関などが「引き続き、認定証明書交付申請時の活動内容どおり受け入れる」ことを記載した文書もあわせて提出することが求められておりますので、ご注意ください。

在外公館の査証発給申請の詳細については、申請する日本大使館・領事館のウェブサイト等でご確認ください。

在留管理関連の新たな情報が公開される可能性があります。
法務省および出入国在留管理庁のウェブサイトにて、随時更新されますのでご確認ください。

【お願い! NOTE】

弊所の主な対象地域:
大阪出入国管理局の管轄内(大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県)

手続きに関するお問い合わせ・お見積りは、お問い合わせフォームから送信ください。お電話でのお問い合わせへの回答・お見積りは行っておりません。

お問い合わせへの回答には、在留資格・ビザを取得したい方の状況等詳細をお聞かせいただく必要があります。現状の詳細と、日本のどの地域でどういった活動を行うのかをお問い合わせフォームに記入し、送信下さい。

We don't accept any inquiry through phone and skype. Please contact us through Inquiry Form to get proper advice and information for your case. Thank you for your understanding.

For more information in English, jump to our English website >> https://eng.visa-immi.com/

eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ