ケーススタディ

どういった手続きを行わなければならないか、どの在留資格に該当するのかなど、日本に滞在する目的や現在の状況など、ケースごとにご確認頂けます。

日本で働きたい

就労可能な在留資格をもって日本で働くためには、日本で行いたい職種・業務が在留資格のいずれかに該当していて、あなた自身だけでなくあなたの勤務先となる日本の企業・事 ...
続きを読む

留学生の就職・起業活動

(2019年10月修正) 現在あなたが留学生で、日本の大学を卒業後、日本での就職や起業を希望している場合、在学中から就職活動・起業活動を始めなければなりません。 ...
続きを読む

外国人の雇用

(平成24年7月修正) 日本国籍ををもたない外国人を貴社で採用するには、外国在住の外国人である場合、まず外国人の経歴等と貴社で従事する業務内容が就労できる在留資 ...
続きを読む

日本で事業を開始する

外国人や外国会社が日本へ進出するためには、日本における在留制度に加えて、会社法、税務・労務、許認可等の制度について、ある程度把握しておく必要があります。事前に各 ...
続きを読む
eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ