入管やビザに関する情報

中国から日本への個人観光ビザに「沖縄数次ビザ」が追加されました

平成23年7月1日より、沖縄を訪問する中国人個人観光客で、十分な経済力があると認められるなど一定の要件を満たす場合に、3年間有効な観光数次ビザ(1回の滞在期間は90日以内)が発給されることとなりました。 この沖縄数次ビザ…

In: 入管やビザに関する情報

日本の専門学校卒外国人も就労できる在留資格への申請が可能に

法務省はこの7月1日、外国人就労許可に関する省令を改正し、日本の専門学校卒業外国人にも、技術、研究、教育、国際業務などの業務などに関する在留資格(いわゆる「就労ビザ」)を認めることを決定したようです。 外国人が日本で就労…

In: 入管やビザに関する情報

入国管理局 東日本大震災特設ホームページ

入国管理局のウェブサイトに、東日本大震災特設ホームページが開設されております。 法務省入国管理局 東日本大震災特設ホームページ (別ウインドウで開きます) 外国人被災者の安否確認、地震災害の発生に伴う在留期間の延長措置等…

In: 入管やビザに関する情報

医療滞在ビザの身元保証機関の登録に関するお知らせ

この1月から、医療滞在ビザの運用が始まりました。 外務省によると、医療滞在ビザで外国人が日本へ入国するには、日本の国際医療交流コーディネーターまたは旅行会社等の身元保証を受ける必要があるのですが、その身元保証を行う機関と…

In: 入管やビザに関する情報

医療滞在ビザについて

平成23年1月より医療滞在ビザの運用が始まりました。 この医療滞在ビザは、日本の医療機関の指示による医療行為(人間ドック、健康診断、健診、歯科治療、療養等)を受けることを目的として訪日する外国人患者やその同伴者に発給され…

In: 入管やビザに関する情報

給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表

外国人を雇用している、もしくはこれから雇用する予定である事業主は、毎年1月末に税務署へ提出する「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の控え(税務署受付印のあるもの)を保管しておいて下さい。在留資格の変更、更新、認定の…

In: 入管やビザに関する情報

短期間の商談等で中国居住者を日本へ招へいする

商談等で中国居住者を短期間日本に招へいする場合は、招へいしたい中国居住者があらかじめ「短期商用ビザ」を中国国内で申請し、その査証(ビザ)にて日本へ入国しなければなりません。 ※日本に短期滞在する中国居住者は、日本滞在中に…

In: 入管やビザに関する情報

日本で就職・起業する予定の外国人留学生のみなさまへ

この春に大学を卒業する外国人留学生の方々で、卒業後に母国へご帰国せずに、以下の1~3の予定である方は、在留資格を変更する必要があります。 日本で就職することが決定している。 日本で就職する予定だが、まだ就職活動中である。…

In: 入管やビザに関する情報

「留学」と「就学」の在留資格が「留学」へ一本化

平成22年7月1日より、在留資格の「留学」と「就学」が、「留学」に一本化されています。 活動内容に変更がない限り、これまで「就学」の在留資格で在留していた方が「留学」の在留資格へ変更手続きをする必要はありません。 資格外…

In: 入管やビザに関する情報

中国居住者の日本観光・親類等訪問

中国人・中国居住者(中国人の配偶者である日本人等を含む)が観光や親族・知人訪問で日本へ入国し、短期滞在するためには、短期滞在の査証(ビザ)が必要になります。 ただし、観光ビザの場合は、指定旅行会社が本人に代わって申請する…

In: 入管やビザに関する情報