入管やビザに関する情報

医療滞在ビザについて

平成23年1月より医療滞在ビザの運用が始まりました。 この医療滞在ビザは、日本の医療機関の指示による医療行為(人間ドック、健康診断、健診、歯科治療、療養等)を受けることを目的として訪日する外国人患者やその同伴者に発給され…

In: 入管やビザに関する情報

給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表

外国人を雇用している、もしくはこれから雇用する予定である事業主は、毎年1月末に税務署へ提出する「給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表」の控え(税務署受付印のあるもの)を保管しておいて下さい。在留資格の変更、更新、認定の…

In: 入管やビザに関する情報

短期間の商談等で中国居住者を日本へ招へいする

商談等で中国居住者を短期間日本に招へいする場合は、招へいしたい中国居住者があらかじめ「短期商用ビザ」を中国国内で申請し、その査証(ビザ)にて日本へ入国しなければなりません。 ※日本に短期滞在する中国居住者は、日本滞在中に…

In: 入管やビザに関する情報

日本で就職・起業する予定の外国人留学生のみなさまへ

この春に大学を卒業する外国人留学生の方々で、卒業後に母国へご帰国せずに、以下の1~3の予定である方は、在留資格を変更する必要があります。 日本で就職することが決定している。 日本で就職する予定だが、まだ就職活動中である。…

In: 入管やビザに関する情報

「留学」と「就学」の在留資格が「留学」へ一本化

平成22年7月1日より、在留資格の「留学」と「就学」が、「留学」に一本化されています。 活動内容に変更がない限り、これまで「就学」の在留資格で在留していた方が「留学」の在留資格へ変更手続きをする必要はありません。 資格外…

In: 入管やビザに関する情報

中国居住者の日本観光・親類等訪問

中国人・中国居住者(中国人の配偶者である日本人等を含む)が観光や親族・知人訪問で日本へ入国し、短期滞在するためには、短期滞在の査証(ビザ)が必要になります。 ただし、観光ビザの場合は、指定旅行会社が本人に代わって申請する…

In: 入管やビザに関する情報

平成21年における留学生等の日本企業等への就職状況について

外国人留学生が引き続き日本にて滞在し就職する際に在留資格の変更を行います。その在留資格変更許可申請を行った人数等の統計が、法務省より「平成21年における留学生等の日本企業等への就職状況について」として、発表されております…

In: 入管やビザに関する情報

在留期間の更新申請は満了日の3ヶ月前から可能

平成22年7月より、6ヶ月以上の在留期間を持つ場合には、在留期間満了日の3ヶ月前から在留期間の更新申請が可能になりました。

In: 入管やビザに関する情報

新しい研修・技能実習制度

新たな研修・技能実習制度が平成22年7月1日から施行されることになりました。 法務省入国管理局 「新しい研修・技能実習制度について」リーフレット(PDF) 在留資格「技能実習(技能実習1号・2号)」が新たに創設され、「研…

In: 入管やビザに関する情報

申請に係る提出資料の簡素化等について

平成21年7月1日に出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令が施行されたことに伴い、申請書も新様式となりました。 平成21年12月中は新・旧どちらの様式での申請も可能ですが、9月1日より新様式での申請で受け入…

In: 入管やビザに関する情報