脱退一時金にかかる所得税の還付請求・納税管理人

厚生年金の脱退一時金およびその所得税の還付請求の方法や手続きに関するお問い合わせは受付けておりません。必ず、年金事務所および税務署へ、お問い合わせ下さい。

We are afraid that we do not accept inquiry regarding procedures for both Lump-sum Withdrawal Payments for Pention and Refund of Withholding Tax. Please contact Japan Pension Service (日本年金機構) or National Tax Office (税務署) for the details.

>> 日本年金機構:短期在留外国人の脱退一時金
>> 国税庁:出国直前の住所地の税務署を探す

 

日本から本国へ転出後(帰国後)に請求した厚生年金の脱退一時金は、その総額の20%が所得税として源泉徴収されますが、その源泉所得税は通常、脱退一時金が支払われた後に確定申告することで還付を受けることができます。還付申告できるのは、脱退一時金を受け取った年の翌年1月1日から5年間です。

When you receive Lump-sum Withdrawal Payments, the withholding income tax (20% of the Lump-sum Withdrawal Payments) will be deducted from the total amount of the payments.

After you receive the Lump-sum Withdrawal Payments, you can claim the tax refund by filing for tax return within 5 years commencing on January 1st of the following year. Basically, all the withholding income tax will be paid back to you if you don’t declare any other income except the Lump-sum Withdrawal Payments.

ただし、源泉所得税の還付を受けることができるのは、日本国内の銀行口座のみです。ですので、日本に口座がない方は、確定申告時もしくは前もって税務署へ所得税・消費税の納税管理人の届出書を提出して納税管理人を指定し、納税管理人の口座で還付金を受け取り、ご自身の口座へ送金してもらうことになります。納税管理人は出国時に指定しておくことも可能です。納税管理人は個人でも法人でも構いませんし、資格なども必要ありません。申請の詳細は、必ず税務署にご確認下さい。

弊所では、以下の場合に限り、納税管理人となり所得税の還付請求の代行をいたします。

  • 現在、海外在住で、既に厚生年金の脱退一時金を受け取っている方

必ずお問い合わせフォームより、お問い合わせ下さい。

However, the Tax Office only accepts a bank account in Japan for the refund. Generally, you don’t have any Japanese bank account any more after you move your residence outside Japan. In that case, you can appoint a resident in Japan to the 納税管理人 (Nozei Kanrinin) who has a Japanese bank account and can receive your tax refund on your behalf.

In order to appoint a Nozei Kanrinin, you need to submit a report called 所得税・消費税の納税管理人の届出書 (Shotoku-zei, Shouhi-zei no Nouzei-kanri-nin no Todokedesho) to the relevant Tax office. You can appoint the 納税管理人 (Nozei Kanrinin) before you leave Japan. 納税管理人 (Nozei Kanrinin) can be an individual or a corporate entity, and any qualification is required.

Please ask Tax Office for the detailed procedures.

We can help your tax refund regarding Lump-sum Withdrawal Payments only in case you currently resides outside Japan and have received the Lump-sum Withdrawal Payments already. Please contact us through our webform.
We are afraid that we don’t accept any inquiry by phone calls regarding the procedures for tax refund.

厚生年金の脱退一時金およびその所得税の還付請求の方法や手続きに関するお問い合わせは受付けておりません。必ず、年金事務所および税務署へ、お問い合わせ下さい。

所得税還付請求の流れ

以下は、厚生年金の一時脱退金で源泉徴収された所得税の還付手続きの流れです。

1.厚生年金 脱退一時金が支払われる

  • 日本年金機構から国民年金・厚生年金保険 脱退一時金送金通知書が届き、通知書の記載内容のとおり送金される。
  • 通知書は確定申告書に添付しますので、捨てないで保管しておいて下さい。

bigarrow

2.納税管理人の届出書、確定申告書を作成する

  • 納税管理人が決まれば、所得税・消費税の納税管理人の届出書を作成する。
  • 確定申告書(第1表、第2表、第3表)を作成します。納税管理人とその銀行口座を記載します。

bigarrow

3.税務署へ書類を送付

  • 確定申告時期でなくても、税務署にて受理されます。
  • 日本から本国へ転出(帰国)する直前の住所地を管轄する税務署へ提出します。
  • 国民年金・厚生年金保険 脱退一時金送金通知書の原本を添付します。

bigarrow

4.納税管理人の口座に還付金が振り込まれる

  • 税務署より、納税管理人の住所へ国税還付金振込通知書が届きます。
  • 通知書に記載されている手続開始日に指定した納税管理人の銀行口座へ振り込まれます。

bigarrow

5.納税管理人が申請人の口座へ送金する

  • 納税管理人は申請人の指定口座へ送金します。

bigarrow

5.納税管理人を解任する

  • 還付手続きが完了しましたら、管轄の税務署へ所得税・消費税の納税管理人の解任届出書を提出し、納税管理人を解任します。
eyecatch 面談相談は初回無料
eyecatch2 お問い合わせページへ